買取ができないブランドバッグ

ブランドバッグの買取ショップでは、買取をしてくれるものと、してくれないものがあります。

買取が難しいと思われても、意外とオーケーが出やすいのは、人気のあるブランドバッグの年式がかなり古いものや、廃盤になってしまったものなどの、レアものですが、状態がかなり悪いと買取が難しくなることもあります。

また、ブランドバッグの買取では、箱や保存袋などがないものでも、買取ができるというケースが多いようですが、箱付きが査定のプラスになるケースもありますので、ブランドバッグを購入した場合は、念のため、箱などもとっておいた方がいいでしょう。

買取できないケースとは

買取を断られるのは、ファスナーの開け閉めができないようなブランドバッグや、破れているブランドバッグ、持ち手がこわれていたり、ショルダーが不良というブランドバッグで、こういった商品は、そのまま使うことができませんので、買取不可となることが多いようです。

また、大きなシミや、汚れが激しいブランドバッグも買取が難しくなるでしょう。

他には、年式が経過することで起こる素材劣化によるべとつきがあるブランドバッグや、カビがはえているブランドバッグも、商品として売ることが難しいため、買取をしてもらえないことがあります。